自費出版

詳細新刊案内
青山ライフ出版株式会社HOME > 自費出版 > 新刊案内一覧 > 救えなかった息子へ‥‥母の思い

ジャンル>エッセイ

  • 救えなかった息子へ‥‥母の思い
    青山ライフ出版で購入
    アマゾンで購入
  • 救えなかった息子へ‥‥母の思い
    [単行本(ソフトカバー)]

    表田 のり子 (著)

    サンプルを立ち読み 発行日: 2023/7/29
    頁数: 150ページ
    ISBN-13: 978-486450481
    定価: 1,100円 (本体1000円+税10%)


    内容紹介

    2022年、まだまだ世界中に蔓延するコロナにより世の中は、様々な規制、規則が定められていました。 そんな中、遅れるばかりの仕事、変わってしまった会社、方針、背負ってしまった重圧、追い詰められる人間関係に翻弄されながらも、「愛する会社の為」と自分の信じた道を一途に、懸命に生き抜いた息子。
    そんな彼を襲った突然すぎる死。
    何が彼をそこまで追い詰めてしまったのか?
      前日会いに行きながら、救いきる事の出来なかった母の深い、深い後悔と共に、帰国子女であった息子が抱えていた日本社会への矛盾、葛藤。その苦悩を理解する事も、受け止める事も出来なかった母の深い後悔、懺悔の思いを、息子の38年間の命の軌跡と共に赤裸々に書き綴っています。
    いつも、いつも人の喜ぶ顔が見たいと力の限り生き抜いた息子。
    「貴方は生きていなければいけない人だった」
    本書は、母の堪えきれない哀哭の思いが詰まっています。
      コロナにより人生を狂わされた人、やり切れない思いで人生に苦しんでいる方々。何かを感じ、共に少しでも前に進むことが出来ましたら大きな喜びです。(著者より) 2022年、まだまだ世界中に蔓延するコロナにより世の中は、様々な規制、規則が定められていました。


    著者について

    東京生まれ。夫の駐在に伴い約十年間、子供達と共に世界各地に駐在。帰国後は両親を駐在中に亡くした悔いから介護の仕事に約二十年携わる。その仕事に生きがいも目標も持っていましたが、突然愛する息子を失った失意から自身の生き方を見つめ直す機会を得て、生きられなかった息子の為にも本当の生き方を見つけたいと模索しながら生きています。


    新刊案内一覧を見る