自費出版

詳細新刊案内
青山ライフ出版株式会社HOME > 自費出版 > 新刊案内一覧 > 仁心堂の天使たち 私が看護師を目指すわけ

ジャンル>小説

  • jinshindo
    青山ライフ出版で購入
    アマゾンで購入
    電子版を購入
  • 仁心堂の天使たち 私が看護師を目指すわけ
    [単行本(ソフトカバー)]

    今井 敦志 (著)

    サンプルを立ち読み 発行日: 2022/1/10
    頁数: 240ページ
    ISBN-13: 9784434296536
    定価: 1540円(本体1400円+税10%)


    内容紹介

    患者の心を癒せる看護師になれますか?
    脳腫瘍の治療のため、東京の仁心堂大学医学部附属病院に入院した篤哉には、高校に入学したばかりの一人娘、恵理がいる。
    しかし恵理は、1年半前に母親の理香が他界してからは、その喪失感から情緒不安定となり、篤哉と離れて理香の双子の妹である真理の元(宇都宮)で暮らしていた。
    ところで篤哉の脳に出来ていた腫瘍は、直径約8センチメートルと仁心堂大学の症例の中でも、極めて異例な大きさであり、1回目の腫瘍摘出手術に要した時間は 22時間。
    篤哉は病魔との過酷な闘いを強いられていた。
    一方恵理は、篤哉の1回目の腫瘍摘出手術の時、手術台に向かう篤哉に送られた看護師(立科)の「私の目を見て、必ず戻ってくるのよ」という、温かくも力強い言葉に感化されて、患者を勇気づけられる看護師に憧れを抱き始めていた。
    そんな中恵理は、2回目の腫瘍摘出手術の立会のため病院を訪れた際、篤哉の闘病日記を見つけて、篤哉から読む許可を得るのだった。
    闘病日記を通じて希薄となっていた父娘関係の修復を図る二人と、二人を温かく見守る看護師たちの物語である。


    著者について

    1962年生まれ、名古屋市立大学経済学部卒業。
    現職は、医療関連会社の役員。
    闘病体験を元に執筆した本作が処女作である。


    新刊案内一覧を見る