自費出版

詳細新刊案内
青山ライフ出版株式会社HOME > 自費出版 > 新刊案内一覧 > 改訂版1.0 イノベーションの構造 イノベーションを起こす研究者や技術者、新事業の企画者のために

ジャンル>ビジネス

  • 改訂版1.0 イノベーションの構造 イノベーションを起こす研究者や技術者、新事業の企画者のために
    青山ライフ出版で購入
    アマゾンで購入
    電子版を購入
  • 改訂版1.0 イノベーションの構造 イノベーションを起こす研究者や技術者、新事業の企画者のために
    [単行本(ソフトカバー)]

    亀山 正俊 (著)

    サンプルを立ち読み 発行日: 2022/8/2
    頁数: 248ページ
    ISBN-13: 9784434306549
    定価: 2640円(本体2400円+税10%)


    内容紹介

    「イノベーションの構造」の改訂版。 イノベーションとは一体何なのか、どんな種類のものがあるのか、そして、それらの特性は何かを明らかにし、能力と気概のある研究者や技術者あるいは製品やサービスの企画を担当する人たちがイノベーションに臆することなく挑戦していくことを知識の面から支援することを目的に著した。著者は大手電機メーカー出身であることから、特に大手メーカー系のイノベーションに対する取組みと親和性がある内容となっている。 本書は8章から構成される。第1章はイノベーションとは何かを議論する。イノベーションにはどんな種類があり、それらはどのようなものか、その概要について解説する。第2章は破壊的イノベーションと持続的イノベーションについて解説する。特に取り組むことが難しい破壊的イノベーションについては5つに分類して、それぞれの特徴を、事例を使って解説する。第3章は大企業が破壊的イノベーションに取り組むのが難しい理由について解説する。第4章は特に破壊的イノベーションを推進するための日米の企業環境と現実について述べ、大企業で破壊的イノベーションを推進するための手法について議論する。持続的イノベーションについては、大企業は得意であるが、破壊的イノベーションと比較して、その違いを明確にする。第5章は製品イノベーションと工程イノベーションについて述べる。日本の大企業は工程イノベーションが特に得意である。消費者はイノベーションを製品というモノで実感することが多いが、製造工程や物流にも多くのイノベーションがある。第6章ではサービス業のイノベーションについても簡単に触れておく。第7章はビジネスのモデルを変えてしまうとか、収益の源泉が変わってしまうビジネスモデル・イノベーションについて議論する。第8章はイノベーションを起こす人材や組織について議論する。全体に説明をわかり易くするために多くの事例も入れた。


    著者について

    1975年、東京工業大学工学部制御学科卒。三菱電機(株)に入社し、研究所にてマイクロプロセッサ、高速グラフィックス、大画面表示システムなどの研究開発に従事。1985年から1年間マサチューセッツ工科大学(MIT:Massachusetts Institute of Technology)メディア研究所客員研究員。三菱電機の研究所にて部長、部門統轄を務めた後、米国の研究所MERL (Mitsubishi Electric Research Laboratories)上級副社長。MITスローン校で「エグゼクティブMOT」コースを修了。2008年、三菱電機・人材開発センター長、シニアアドバイザーを務め、2018年3月退職。 画像電子学会理事、日本工学教育協会理事、神奈川大学非常勤講師、立命館大学大学院非常勤講師などを務めた。 2018年5月に企業内教育のためのビーゲート・コンサルティング株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。現在、国立研究開発法人農研機構非常勤顧問、東京工業大学大学院グローバルリーダー教育課程審査委員。工学博士(東京工業大学)。


    新刊案内一覧を見る