自費出版

詳細新刊案内
青山ライフ出版株式会社HOME > 自費出版 > 新刊案内一覧 > 重力ゲージ場の量子論 重力場の量子化の意味

ジャンル>学術

著者のその他の作品
New Particle Theory beyond Standard Model- Dream of Einstein - New Particle Theory beyond Standard Model- Dream of Einstein -
河野 誠公
標準モデルを超える新たな素粒子論- アインシュタインの夢 - 標準モデルを超える新たな素粒子論- アインシュタインの夢 -
河野 誠公
新たな宇宙創成 ―宇宙の2大謎を解き明かす― 新たな宇宙創成 ―宇宙の2大謎を解き明かす―
河野 誠公
素粒子の対称性と物理法則
- 重力場の量子化と質量素荷の発見 - 素粒子の対称性と物理法則 - 重力場の量子化と質量素荷の発見 -
河野 誠公
新たなハドロン物理-核子・中間子の質量表現 - 新たなハドロン物理-核子・中間子の質量表現 -
河野 誠公
新たな量子重力理論と質量素荷 -3 世代物質粒子とハドロンの質量起源 - 新たな量子重力理論と質量素荷 -3 世代物質粒子とハドロンの質量起源 -
河野 誠公
素粒子の統一理論- スピノール対称性と質量の起源 - 素粒子の統一理論- スピノール対称性と質量の起源 -
河野 誠公
Unified Theory of Particles-Symmetry of Spinor and Source of Mass- Unified Theory of Particles -Symmetry of Spinor and Source of Mass-
SEIKO KONO
  • 重力ゲージ場の量子論 重力場の量子化の意味
    青山ライフ出版で購入
    アマゾンで購入
  • 重力ゲージ場の量子論 重力場の量子化の意味
    [単行本(ソフトカバー)]

    河野誠公 (著)

    サンプルを立ち読み 発行日: 2023/3/31
    頁数: 168ページ
    ISBN-13: 9784864504829
    定価: 2750円(本体2500円+税10%)


    内容紹介

    一般相対性理論の要請に基づき導かれるアインシュタイン重力場、あるいは、アインシュタイン方程式は、膨張宇宙論の基礎方程式となっている一方で、その量子化が困難であることが知られ、素粒子論のゲージ理論として標準理論の枠組みに組み入れることができない。その標準理論では、素粒子が本質的に保有すると考えられてきた質量が、対称性の自発的破れに伴い2次的に得られた量として説明される。(Higgs機構)ところが、物質基本粒子(クォーク,レプトン)の場を記述するディラック場では、それらの質量は与えられたものとして表現され、運動量項(ゲージ項)と質量項とでそのラグランジアン密度は与えられる。 本書では、重力ゲージ場の古典論において展開される局所ローレンツ座標から一般座標への変換を担う多脚場の特性に着目し、重力ゲージ場の量子論への応用を試みる。先ず、重力ゲージ場(スピン接続)と相互作用するディラック場において、質量項の無いラグランジアン密度を出発点に置く。その相互作用項(ゲージ項)を4脚場の作用により局所ローレンツ座標から一般座標へ変換することにより、スピン接続からアフィン接続へ変換する。すると、そのゲージ項が質量項に対応付けられ、2次的にディラック場の質量項が得られる可能性を論じる。この変換の過程で、新たな量子数となる「質量素荷」が2次的に得られた質量項の結合定数として現れることを論じる。


    著者について

     1955 年 広島県に生まれる  1979 年 東京大学教養学部基礎科学科卒業  1993 年 東京大学(工学)博士  現在 アマチュア研究家  著書 「標準モデルを超える新たな素粒子論」「新たな宇宙創成―宇宙の2大謎を解き明かす―」「 素粒子の対称性と物理法則- 重力場の量子化と質量素荷の発見 - 」「新たなハドロン物理 - 核子、中間子の質量表現 - 」「新たな量子重力理論 - 3世代物質粒子とハドロンの質量起源 - 」「素粒子の統一理論 - スピノール対称性と質量の起源 - 」などがある。


    新刊案内一覧を見る