? 楽しい体育授業を創造するベースボール型の授業実践|自費出版の青山ライフ出版

自費出版

詳細新刊案内
青山ライフ出版株式会社HOME > 自費出版 > 新刊案内一覧 > ベースボール型の授業実践

ジャンル>教育

  • 楽しい体育授業を創造するベースボール型の授業実践
    青山ライフ出版で購入
    アマゾンで購入
  • 楽しい体育授業を創造する
    ベースボール型の授業実践
    [単行本(ソフトカバー)]

    北徹朗 (著), 溝上なおこ (イラスト)

    サンプルを立ち読み 発行日: 2011/4/11
    頁数: 38ページ
    ISBN-13: 978-4904001929
    定価: 800円+税


    内容紹介

    著者は2002年度より大学でソフトボール授業を担当するようになって以来、現在までにベースボール型授業(野球、ソフトボール、ティーボール)を通じて2000人以上の学生と向き合ってきた。その過程において、著者自身の授業の質向上を目指し、受講者の実態、授業の安全対策、効果的な指導方法、初心者のためのボールドリルの考案と評価、男女共修授業時の特別ルールの試行と評価、教育効果を高めるための教材開発など、様々な点からベースボール型の授業づくりを考究してきた。本書では、こうした積み重ねで得られた知見を紹介させていただき、ベースボール型授業を担当されている先生方の授業に役立てて頂ければ幸いである。ベースボール型授業は、小学校・中学校・高等学校・大学の体育授業において広く行われている。本書は、大学体育授業での経験がベースになっているが、大学教員以外の先生方にも役立つ内容であると考えている。ベースボール型授業を担当されている先生やこれから教師を目指す方の参考にして頂ければ幸いである。 (はじめにより)


    著者について

    北 徹朗◎きた てつろう
    現 職:帝京科学大学こども学部児童教育学科専任講師
    学 位:博士(医学)、経営管理修士(専門職)、修士(体育学)
    1977年岡山県久世町(現真庭市)に生まれる。岡山県立勝山高等学校卒業。東海大学体育学部社会体育学科卒業、同大学院体育学研究科体育学専攻社会体育学修士課程修了。東海大学では体育会準硬式野球部でキャッチャーとしてプレーし、大学4年次(1999年)に清瀬杯全日本大学選抜準硬式野球大会優勝。2008年に昭和大学医学部生理系第1解剖学専攻にて博士(医学)の学位を取得。東海大学、国際基督教大学、成蹊大学、フェリス女学院大学、中央大学、玉川大学、電気通信大学、武蔵野美術大学などの非常勤講師を経て、2010年4月より現職。


    新刊案内一覧を見る