ゼロで死ね(die with zero)

『ゼロで死ね(die with zero)』(ダイヤモンド社)

最近、なるほどと思ったオーディオブックのタイトルです。

これは一言でいうと、

死ぬまでに、持っているおカネは使い切って死にましょう、
という著者の信条が書いてある本です。

こういうことは誰もが考えると思います。

何千万円、何億円、持っていても、死んだら意味はない。
それなのに実際は、多額の預金を残して死ぬ高齢者が圧倒的に多いのです。

おカネを残す理由として、子供に残したいという人は多いでしょう。

「それなら生きているうちにあげればよい」と著者は言います。

実際は、おカネがなくなったらどうしよう、という不安を原動力にして、お金を貯めること自体が目的化してしまって、そのうち高齢化が進み、体力や意欲が衰え、使うに使えなくなってしまっているだけのように思えます。

だからといって、やたらに高価な宝石や車、時計を買って散財せよと言っているのではありません。

人生とは経験がすべてなのだから、倹約のために、やりたいこともやらずにおカネだけ残して死ぬのはもったいない。もっと経験に投資せよ、というのが著者の考えです。

漠然と生きていたのでは、これはなかなか実践できません。

年齢と、年齢による時間の価値、預金額をどのように考え、計画し、おカネを使うか。これは実は、できるだけ若いうちに考えておくとよいテーマだと思いました。

カテゴリー: 本の紹介   作成者: admin パーマリンク

admin の紹介

青山ライフ出版 代表取締役。青山ライフ出版は東京都港区にある出版社。自費出版、社史制作などに力を入れている。実用書、エッセイ、小説、詩集、絵本、写真集など幅広い出版物を発刊している。