ブロックチェーンの暗号

ブロックチェーンの暗号について、自分なりの理解で書いてみます。

暗号といえば、私などはエドガー・アラン・ポーの「黄金虫」を思い浮かべます。
数学的な推理のおもしろさに黄金虫という昆虫が絡んだ神秘的な物語に衝撃を受けたものです。

コンピュータ時代、実務で使われる暗号は、「黄金虫」のような謎解き的なものではないようです。暗号には素数が使われます。
謎はわかっており、あとは解く力があるかどうかが問われる実務で、素数の暗号が非常に便利な特性があるからです。

素数とは、1とそれ自身でしか割り切れない数のことです。

30以下の素数を挙げると、

2、3、5、7、11、13、17、19、23、29です。

ちなみに1は素数ではありません。

ブロックチェーンの暗号は、公開鍵と秘密鍵の組み合わせでつくられます。

たとえば、23と29という2つの素数を掛け合わせると

23×29=667 となります。

ちなみに667は、1とそれ自身以外でも割り切れたので素数ではありません。

この場合、667が公開鍵、23と29が秘密鍵となります。

23×29が667だということは、電卓ですぐに解けますが、
667が23と29の掛け合わせだということは、素因数分解してみないとわかりません。つまり時間がかかります。ここがミソです。

192896999171(公開鍵)という数が公開されても、
それが323123と596977(秘密鍵)の掛け合わせだと、わかるには時間がかかります。

コンピュータの時代なので、実際に使われている秘密鍵の桁数は数千桁にもおよびます。

これだけの桁数になると、人力ではどうにもならない。紙とペンを持つ気にもなりませんね。
効率よく答えを出す方法がないので、コンピュータはこの暗号を解くために、
総当たり戦法をとります。
2で割ってみて、3で割ってみて、5で割ってみて、、、
と順番に、まさに力ずくで、秘密鍵を探り当てるわけです。

自転車の鍵の暗証番号を0000から9999まで回してみるようなものです。

これを数千桁の数字でやらされるのだから、いかに専用の超高速マシンでもたまったものではありません。電気代が大変なコストになっているそうです。

よってこの作業をマイニング(採掘)と呼びます。

理論的には、秘密鍵の桁数はどこまででも増やせるので、解読に数万年、数億年かかる暗号をつくることも可能なのです。

宇宙が終わるころ解ける暗号をつくってどうするの? という話ですが、、、、

ビットコインではマイニングに10分程度かかるほどの難しさの暗号にして、
一番早く暗号解読(マイニング)した者に、褒美のコインが与えられる仕組みになっています。

暗号が簡単すぎると、同時に解かれるケースが出てきて混乱するし、難しすぎると非効率になる。桁数の調整で、難しさを調整できるので、非常に使い勝手のよい暗号法なのです。

 

震災から10年

東日本大震災から、この3月11日で10年になります。

もう10年かと思います。

あの時、何をしていましたか?

私は会社で著者と面談しておりましたが、
あんまり揺れるので、その方と一緒に、
テーブルの下に潜り込んだりしました。

その後の帰宅難民状況がすさまじかったです。

この節目に、各出版社から10冊以上の震災関連本が出るようです。

個人的に興味があるのは
『クライシスマネジメントの本質 本質行動学による3.11大川小学校事故の研究』(山川出版社)です。

読んでいないので、何が書いてあるかわかりませんが、本の紹介に、
「組織的過失を予見していた著者が、その失敗の本質を明らかにし、教訓からクライシスマネジメントのあり方を提言する」とあります。

『なぜ裏山に逃げなかったのか』と思うと、やりきれない事例でした。

たぶん、行動に縛りがなければ、津波が怖いのだから、
裏山に逃げていたと思いますが、それができなかったのです。
それはなぜか?

そこにこの問題の本質はあります。
管理社会の悲しさ。
非常に現代的な問題だと思います。

使わないものは無くなる

私が2021年の年頭に受けた啓示は、

『使わないものは無くなる』ということです。

テレビを見ていたら、深海を泳ぐ魚が出てきました。
その魚には目がありませんでした。

真っ暗な深海という環境では、目を開けても何も見えない。

目を使わないでいるうち、目が無くなったのです。

なるほど、『使わないと無くなる』のだな、深く納得しました。

たしかに、筋肉も使わないと細っていくのは、日常的に体験しています。

生き物はそういう仕組みになっており、どうもその変化のスピードは、思っている以上に早いのではないかと思います。

人間の身体の7割は水分であり、その細胞は常に入れ替わっていることを考えても、
ちょっとした環境の変化で、どんどん変わっていくのはあり得ることです。

と、そこまで考えた時に、気になったのは脳のこと。

これも使わなくなると、たちどころに、その部分の機能が無くなるようなのです。

そんなことを考えているおり、
『フリーズする脳』(築山節著 NHK出版)を読んで、ますます納得しました。

著者は脳神経外科医の経験から、普通の人たちがボケていく例を数多く見てきたので、その解説は非常に説得力がありました。

やはり環境の影響が非常に大きいのです。

たとえば、20代の頃は職場の最前線で顧客対応にあたっていた人が、
30代になって出世し、部下にその面倒な仕事をさせるようになる。
すると、昔はできていたはずの臨機応変な対応ができなくなる。

頭は使っているはずの50代後半の大学教授。
人前で話している最中に何を話しているのかわからなくなったり、よく知っているはずの人の名前が思い出せなくなったり、メモしても、そのこと自体を忘れてしまったりする。
このような事例は、思い当たる方も多いかと思います。

若い頃は最前線に立たされて、臨機応変な対応をしたり、新しいことに次々とチャレンジしたりして、知らず知らずに脳の思考系を多用しているのです。

それが年齢を重ね環境が安定してくると、思考系を使わなくなり、反射的、パターン的になってきて、そしてボケていくようです。

生活が苦しくて、あれもやらなければ、これもやらなければ、という環境にあった頃、実は脳細胞は非常に活性化されており、やる気に満ちあふれている。
もっと時間があれば、もっとできるのにと思っています。

ところが生活が安定し、面倒なことから解放され、時間の余裕もたっぷりある環境になってみれば、脳の基本回転数も下がるため、昔あったはずのやる気はどこへやら、となります。
やる気も、本人の意志ではなく、環境次第なのです。

人生、思うようにはいかないものです。
けれども、そういう状況にあるということを客観的に理解できれば、対処法はいくらでもあります。

『フリーズする脳』には、次のように書いています。

「結局のところ、脳の若さというのは、思考系を使って解決しなければならない問題や、興味があること、新鮮に感じることをいくつ持っているかということだと思います。それをたくさん持っている人の脳は何歳になっても若いし、それを失ってしまっている人の脳は、若くても老いている……」

結局、話は戻りますが、
「使わないものは無くなる」のだから、無くしたくなければ使い続けるしかないのです。

思えば、文章を書くというのは、非常に高い思考力が求められます。

高齢になっても文章を書き、さらに本にして出版までするというのは
並大抵のことではないと思います。

高齢の著者を尊敬する所以です。

今、お薦めの本

コロナ禍で自粛を求められている今。

ステイホームと言われ、
マスコミ情報で不安ばかり増幅され、
ストレスが溜まります。

こんなときは、本を読むにかぎります。
自分の心を見詰めたり、
心を落ち着かせてくれる呼吸法を説いている
本書をお薦めします。
『日常の怒りをいつまでも引きずってしまう人のための本』
(池田 博美著 青山ライフ出版)

人間存在の本質と癒しについて説かれた

『癒しと目覚め Q&A』
(中野真作著 青山ライフ出版)もお薦めです。

自分の内側にもともとある安心感、
心の平安を見つけられるように、
やさしく手助けをしてくれる本になっています。

台湾のベストセラー作家が日本で出版!

この12月中旬に
『力量 ―再生のその後』(王薀著 青山ライフ出版)が
全国の書店で発刊されます。
著者の王薀先生は、台湾で30冊以上の本を出版し、
多くのベストセラーを生んでいます。
今回の本は王薀先生初の日本語版書籍です。

http://aoyamalife.co.jp/review/rikiryo.html

台湾で以下のような実績がある本です。

誠品書店
2017年度百大ベストセラー書籍
実体書店【心理激励類】 連続13週ベストセラー /連続5週第一位
ネット書店【中国語書籍】第一位
博客来書店
【毎週ベストセラーランキング】人文歴史地理類第一位
【毎週ベストセラーランキング】人文歴史地理類29週ベストセラー
【毎週ベストセラーランキング】心理激励類25週ベストセラー
【毎月ベストセラーランキング】人文歴史地理第一位
【実体/ネット書店ベストセラーランキング】9か月ランクイン
本書は、古今東西の偉人、成功者の生き様をわかりやすく解説し、人生に勝利する知恵とパワーの真実を説いています。

具体的には、マイケル・ファラデー、アンデルセン、アーニー・デービス、ウォルト・ディズニー、ヴォルテール、ベンジャミン・フランクリン、チャーチル、シャネル、メンデル、野口英世、マザー・テレサ、ツィオルコフスキーら、歴史に名を残した人物の秘密を解き明かしています。

どうすれば成功できるのか?
歴史に名を残すような実績を上げられるのか?
自己実現できるのか?
境遇、気質、性格、生き様は人それぞれで、決して一様に説明できるものではありませんが、それぞれがそれぞれの方法で、自身の生命エネルギーをフル活用していることだけは、本書を読むとよくわかります。

著者は次のように言う。

「世の中に100%の成功はありません。ある人は事業が成功しても、恋愛で失敗します。ある人は恋愛が成功しても、何も残りません。完璧で欠点も瑕疵もないことを追求するのは、石を運んで自分の足に落とす自業自得の考えです。人生の過程の中で、成功する割合が70%を超えたならば、その人はすでに完璧な人間と言えるでしょう」(本文より)

人生はそんなもの。
完璧な人間はいないし、完璧な成功、幸せもない。
誰もが成功したり、失敗したり、喜んだり、悲しんだり、落ち込んだりしながらも、なんとかかんとか生きている。

それでも、
自分を本当に信じることができれば、誰もがみな自身の決して枯れることのないパワーを発掘できる!

その姿勢があれば、40%失敗しても、残りの60%はなんとかかんとか切り抜け、
回りから見れば、成功しているように見られたりする。

自分の生命エネルギーをフル活用してきた人たちの物語を読めば、自ずと勇気づけられ、生きる力が湧いてくる。

暗号通貨 ネット上に完全な台帳があったなら

お金に関する技術が大きく変化している。
何がどうなのか?
技術の詳細はわからないにしても、自分なりに、どのように理解したらよいのかを知りたい。
そこで、自分なりの理解をまとめてみる。

お金というのは、これまで便宜的に紙幣やコインを使ってきたけれども、
結局は数字のやりとりである。

数字のやりとりが間違いなく、誰もが使える信用できる記録(台帳)があればよいのだ。

ということで、昨今はスイカとか、WAONとか、さまざまな電子マネーが普及し、使用されている。
これらの電子マネーは、大手企業、銀行などの信用によって裏付けられている。
つまり信用できる記録(台帳)を管理する人がいて使用できているのだから、技術的に目新しいものではない。

ビットコインに代表される暗号通貨(資産)と言われるものは、管理者がいなくても技術で信用あるお金のやりとりを実現させようとするものであり、これらの電子マネーとは次元の違うものである。

その技術とはいかなるものか。

数字のやりとりが間違いなく、誰もが使える信用できる記録(台帳)を、イメージするためにエクセルシートがネット空間にあると想像する。

そのエクセルシートには、われわれ一人ひとりが、いつ誰にいくらか支払ったか、入金されたか、残高はいくらか、すべてもれなく記録してあるのだ。

もしも、世界人口77億5000万人全員が絶対にごまかしをしないのであれば、
その巨大エクセルシート1つあれば、すべて事足りる。

そこには、全人類の固有番号が割り当ててあり、すべてのお金のやりとりが、瞬時に記録されるので、決済は自動的に一瞬にして終わる、と夢想する。

しかし、誰もがアクセスできる台帳でありながら、絶対に不正がされない、はありえない。
そこで考え出されたのが暗号。
暗号によって、簡単に書き換え、複製などをできなくし、特定の取引で、特定の相手にだけ、特定の書き換えが許されるような仕組みが考え出された。
それが暗号通貨で、その仕組みはブロックチェーンと呼ばれる台帳。

なぜ、こう呼ばれるかというと、新たな取引記録のブロックが、チェーンのように
次々と数珠つなぎになっていくからだという。

イメージとしては、エクセルシートに新たな行が次々と追加され、ファイルが更新されていくような感じである。
それはいかなるものか?
よくわからないが、考え方としては、こういうこと。

唯一の正しい台帳があって、それと照合して合わない数字のやりとり、取引は受け付けない仕組みがあれば、不正が排除できるから通貨として通用する。

ネット上にあるエクセルシートを想像してみればわかるが、これを実現するには
強力な暗号の仕組みが不可欠であろう。

その暗号とは、どんなものなのか?
それはまた後日……。

 

今を感じる

コロナウイルスでもうあっという間に、世界中が大騒ぎ。
本当に何が起こるかわからないですね。

インターネットが普及して間もない頃、
1995年くらいでしょうか。
これで世界が一つの小さな村になってしまった。
と言われましたが、本当にそうなりました。

情報が、昔だったら小さな村に広がる速さで
今は世界中に広まってしまう。

よい情報だけならよいですが、そうもいかない。
そういうわけで日本の片隅で細々と生きているだけなのに、
世界中の刺激的な情報を浴びて、
落ち着かない日々を過ごすことになります。

ただ、どんなときにも忘れてはならないのは、
目の前にある自分の今。
そこは静かであり、日々、ゆるやかに時が流れているだけです。

自分という生身の人間は、そうそう簡単に変わることはできず、
昨日、今日、明日と、一日一日を繰り返すだけ。

限りある人生ですが、
せめてその時までは健やかにいきたいですね。

こんな時期ですので、くれぐれもご自愛ください。

時間について

最近、時間について哲学的に考察する本を読んだのですが、
とうも、考えれば考えるほど、時間というものは奇妙で、
とらえどころのないものに感じられます。

私たちは過去・現在・未来という区別をしますが、
現在って、いつでしょう?
今、この一瞬といっても、次の瞬間には過去になっています。

そして、過ぎ去った過去は、いったいどこへ行ったのでしょうか?

過去は消えたのでしょうか?
それとも、宇宙のどこかに残っているのでしょうか?

まだ来ない未来は、どこにあるのでしょうか?
それとも、どこにもないものでしょうか?

時間という実体があるのではなく、
私たちの脳が時間の流れを感じるようにつくられているだけ
という説もあります。

なるほどと思いますが、時間がないのであれば
宇宙もなく、宇宙がなければ脳もないのでは……と思うのです。

宇宙論では、140億円前にビッグバンによって宇宙は誕生した
ことになっていますが、このビッグバンを幻想の始まりと
解釈するなら、つじつまが合うのかもしれません。

時間によって成り立つ幻想の世界が誕生し、
その世界で生まれた私たちなので時間を感じているのです。

本来は時間も空間も光もないのかもしれません。

すべてが幻想ですから、
色即是空、空即是色となるのでしょうか。

シンク・クリアリー

秋の夜長を過ごすには読書がかかせません。
『Think clearly(シンク・クリアリー)』
(ロルフ・ドベリ著 サンマーク出版)という本を読みましたが、
なかなかよい本でした。
よりよい人生を送るための52の思考法を説いた実用書です。
その中の一つを紹介しましょう。

●不要な心配ごとを避けよう――。

われわれは動物から進化してきた過程で、もともと臆病にできています。そうでなければ生き残れなかったからです。

もし石器時代に生きていたら、昼でも夜でも、いつサーベルタイガーに襲われるか、油断も隙もあったものでなかったでしょう。

そのため、われわれの脳は不安を抱えるようにできています。
不安は生き延びるために必要なことなのですが、一方、人類の文明は急速に発展し、その過程で、不安要因を徹底的につぶしてきました。

今では、普通に生きていて生存を脅かされるようなことはほとんどない社会になっています。
もちろん危険や厄介ごとはゼロではありませんが、頭の中に押し寄せる心配ごとのほとんどは実際には起こらないのです。

「慢性的な不安を抱えてしまうと、間違った決断をしやすくなるばかりか、病気になってしまうこともある」と著者。

不安を感じること自体がとても不快な上に、人生の選択を間違えたり、病気にまでなってしまうのではたまりません。実際問題として不安に悩むのは損です。今ではメリットよりデメリットが大きくなっているのです。

芥川龍之介は「ぼんやりとした不安」という言葉を残して自殺しました。こうなると本末転倒です。

不安という悩みは、誰しも避けられませんが、うまく対処する必要があります。

不安に対する対処法として、3つ紹介されています。

一つは、不安を感じたら、それをメモに書き出すこと。
書き留めておけば、記録したことで安心でき、あとは忘れてしまう。頭から離れなくなった心配ごとに対しては、あえて、それについて集中して考えるのもいい。明確になることで、一番嫌な「ぼんやりとした不安」でなくなるからでしょう。

二つ目は保険をかけること。
保険は金銭的な補償よりも、心配ごとを減らせる点で効果があるといいます。

三つ目は仕事に集中すること。
仕事ほど気をそらせてくれるものはないので、退職後であっても、何か仕事に代わることをした方がよいかもしれません。

本書では晩年のマーク・トウェインの次の言葉が紹介されています。
「私はもう老人だ。これまでの人生ではいろいろな心配ごとを抱えていたが、そのほとんどは現実にはまったく起こらなかった」

 

『千年浪漫 山川設計五〇〇棟の軌跡』が特別賞!

2018年6月に弊社から発刊された
『千年浪漫 山川設計五〇〇棟の軌跡』(山川幹夫著)が、
第22回日本自費出版文化賞の特別賞を受賞しました。

本書は、RC(鉄筋コンクリート)造の注文高級住宅で、
確固とした地位を築いた山川設計の創業者が、
その創業30年の軌跡をたどりながら、建築への思い、
家づくりに対する考え方などをまとめたものです。

著者は建設会社、建築デザイン会社で経験を積んだ後、
1989年、31歳で独立、山川設計をゼロから創業しました。

当初は食べていくのに必死で、スーパーマーケットのディスプレイを
社長に啖呵を切って受注したり、マンション設計の仕事を得るために、
その会社のマンションを購入したりと、なりふり構わぬ営業をしていました。

しかし、やがてお金だけではないことに気づきます。
本当によいものを造りたい、施主の夢を実現して
本当に喜ばれる家をつくりたい、そういう建築家になりたいと
思うようになります。
そこから五〇〇棟の軌跡が始まりました……。
『千年浪漫 山川設計五〇〇棟の軌跡』については、
下記をご覧ください。

http://aoyamalife.co.jp/review/yamakawa500.html

日本自費出版文化賞については下記をご覧ください。

https://www.jsjapan.net/pages/award

ここにあります!

新刊『日常の怒りをいつまでも引きずってしまう人のための本』(SIBAA BOOKS)ですが、著者の池田さんも、がんばって書店回りをされています。

書店で目当ての本を見つけるのはなかなか大変ですが、見つけると嬉しくなります。店員さんに聞けば早いのですが、自分で見つけたい気持ちになるものです。

池田さんが書店で見つけた様子が下記、サイトにあります。

http://kizukibreathing.com/its-here/

たくさん売れますように!

 

日常の怒りをいつまでも引きずってしまう人のための本

この8月に発刊したばかりの
『日常の怒りをいつまでも引きずってしまう人のための本』
(池田博美著 SIBAA BOOKS)
本書のサブタイトルは
「会社であった嫌なことが頭の中でグルグルし、週末を楽しめないあなたへ」です。

怒りという感情は嫌なものですが、これはなしにはできないのです。
人間の根源的な感情なので、無理に押さえ込むことは体に毒なのです。
著者は、怒りは『心のウンチ』と言っています。
押さえ込むと便秘になります。
これがひどい肩こりなどの不調の要因になります。

いかに上手に排出するか。
それによって怒りのエネルギーを
自分にとってよい方向へ引き出すことができるのです。

本書がユニークなのは、怒りを精神論で語るのではなく、
身体的なものととらえているところ。

猫が背中の毛を逆立てるのを見るとわかりますが、
「怒りは背中の筋肉の緊張」と定義しています。

そして骨盤呼吸という方法で、
長年の抑圧した怒りによって物質化した身体の不調を
解消する方法を説いているのです。

『癒しと目覚め Q&A』

この6月下旬に発刊された
『癒しと目覚め Q&A』(中野真作著 SIBAA BOOKS)は、
生きることの本質を垣間見せてくれる本です。

スピリチュアルに疲れた人、迷っている人に向けて、
本当の癒しと目覚めについてQ&A形式で書き下ろした作品です。
より深い理解のために、自分で感覚を体験できるワークの掲載もあります。

「すべては夢だとわかりながらその夢を意識的に生きていく、
すべてが芝居だとわかりながらその芝居を意識的に演じていく。
目覚めた人生とはそんな感覚です。
そのとき、ただ生きているだけで満たされる感覚、
ただ生きているだけでいいのだという安心感が感じられます。
そう、いつでもあなたのままでいいのです。」

という著者の言葉は心にしみこみます。

この世は夢か?
夢といえば夢ですね。

だからと言って、私たちの日々は死ぬまで続いていく。
これをどうとらえたらよいのでしょうか。

「見ない、聞かない、反省しない」が大反響!

この6月下旬に発刊された
『見ない、聞かない、反省しない―なぜかうまくいく人の秘密―』
(大嶋信頼著 SIBAA BOOKS)は、
まじめすぎて生きづらさを感じている人が、
人生を180度好転させるノウハウが満載の画期的な本です。

「よく見なさい」
「よく聞きなさい」
「反省しなさい」
学校の先生が生徒によく言うことです。

本当にそうでしょうか?
これまではそうだったかもしれませんが、
時代、環境がめまぐるしく変っています。

家の裏は里山。
小高い山を登ると小さな神社がある。
家の前には小川が流れ、メダカが泳ぎ、その先には水田が、、、
と、こんな環境にあった時代であれば、
「よく見なさい」と言われて、
「は~い」と答えていれば、
「よい子ですね」ということになったと思います。

ところがいまはスマホの時代です。
歩きながら、階段を上りながら、
自転車、車を運転してまでスマホを見ている人がいます。

何を見ているのでしょう。
ニュース、SNS、LINE、コメント……

それでなくても、現代人は、
あちこり見たり、聞いたり、反省したり、
しすぎではないでしょうか?

そんなことをしていると、

疲れてしまって、生きづらくなる一方ではないか……

そんな危機意識から生まれた本です。

いま、amazonで大反響となっています。
注目の本です。
下記より購入できます。

第9回無料出版キャンペーン応募受付中!

こんにちは。
今日は全国的に気持ちのよい秋晴れですね。
読書にスポーツ、そして執筆!
意欲が湧きますね。

夏の暑さがやわらいだと思っていたら
寒い日も多くなってきました。
時間は止めることはできませんが、
過ぎゆく時に、少しでも爪跡を残そうと思ったなら、
何かを書き残すのが一番です。

—————————————————-
第9回無料出版キャンペーン応募受付中!
—————————————————-

現在、第9回無料出版キャンペーンの原稿を受付中です。

応募期間は

2018年10月15日~11月16日

無料で出版できるチャンスは、年に1回、
このキャンペーンに応募するしかありません。

締切りも迫ってまいりました。

応募条件は以下です。

1データ原稿であること。(手書き原稿ではなく)
2モノクロの原稿であること。(絵本ではなく)
3受賞作の初版の印税はなし。
4受賞作の定価は弊社が決定します。

応募方法など詳しくは下記をご確認ください。

http://aoyamalife.co.jp/jihi/j_02.html