自費出版

詳細新刊案内
青山ライフ出版株式会社HOME > 自費出版 > 新刊案内一覧 > SFファンタジー 神曲

ジャンル>小説

  • SFファンタジー 神曲
    Kindleで購入
  • SFファンタジー 神曲
    [電子書籍]

    森田 博 (著)

    サンプルを立ち読み 発行日: 2015/09/05
    ISBN-13: 978-4864502092
    定価: 500円(税込・電子書籍)


    内容紹介

    仁安元年(西暦1166年)、M61星雲の中にある星から、一船の長さ二キロにもなる宇宙母船団が、漆黒の宇宙を 一路 地球に向かって航行していた。
     「セム中尉、あれが地球です」と副艦長のアレン少尉が言った。
     また時を同じくして、鷲座の惑星状星雲NGC6781の惑星から一艘 船団より離れて、日本の仙界を目指して 大宇宙を航海していた。
     「ほう、あれが地球か……」がらんとした宇宙船の中でひとり呟いた。
     そして、日本の仙界と高天原に降りた。またM61の一部の船団は、他の星を求めて航行を続けた。M61から来た星の母船には セム中尉と玉姫、アレン少尉とミール准尉たち 多くの人達が、MGC6781の星から来た宇宙船には、セシルひとりが乗っていた。(プロローグより)
    宇宙の創世を描いたSFファンタジー。


    著者について

    森田博
    神奈川県在住。
    「作者は奈良生駒の稲蔵神社の本殿にて、彼岸の入りに生まれると、予言されて生まれて来ました。祭神は、生魂明(いくむすび)、大宮能御膳神(おおみやのめみけつのかみ)さまで、この神社は、天孫降臨の地で、この稲蔵の森は、神話に記された いかるがの三十六峰の一つで、大昔、天照大御神のお孫、にぎはやびのみことが十種の神宝を奉じ、天降りされたところです。職業仙人」(著者より)


    新刊案内一覧を見る