自費出版

詳細新刊案内
青山ライフ出版株式会社HOME > 自費出版 > 新刊案内一覧 > 小説 坂下門外の変-安藤信正の生涯-

ジャンル>小説

  • 小説 坂下門外の変-安藤信正の生涯-
    Kindleで購入
  • 小説 坂下門外の変-安藤信正の生涯-
    [電子書籍]

    明田健一郎 (著)

    サンプルを立ち読み 発行日: 2014/11/27
    頁数: 192ページ
    ISBN-13: 978-4864501576
    定価: 100円(税込・電子書籍)


    内容紹介

    坂下門外の変で負傷しながらも幕府の代表として欧米との交渉に死力を尽くした安藤信正(あんどう のぶまさ)の生涯を描く。
    安藤信正は桜田門外の変で大老・井伊直弼が暗殺された後、事実上の幕政の最高権力者となった人物。井伊直弼の強硬路線を改めて朝廷との関係を深め、内外の情勢をよく理解し、外交にも手腕を発揮した。しかし、坂下門外の変で水戸浪士の襲撃を受け、一命を取り止めたものの、背中に傷を受けるのは武士の風上にもおけないなどと非難され、失脚した。
    明治政府の時代になると奥羽越列藩同盟に加わり、新政府軍と戦い敗れ、明治政府から永蟄居に処せられた。つまり安藤信正は、徳川幕府からも、新政府からも蟄居の処分を受けた希有な人物なのだ。
    維新の混乱が落ち着くと、旧幕臣で信正を知るものは、みな信正を称賛した。しかし信正自身は完全な沈黙を保った。何も語らず、何も残さず、明治4年、52歳でこの世を去った。

    新刊案内一覧を見る