自費出版

詳細新刊案内
青山ライフ出版株式会社HOME > 自費出版 > 新刊案内一覧 > パソコンで見る「行きたくなる水辺景観」

ジャンル>写真集

  • パソコンで見る「行きたくなる水辺景観」
    青山ライフ出版で購入
    アマゾンで購入
  • パソコンで見る「行きたくなる水辺景観」
    [単行本(ハードカバー)]

    亀田 泰武 (著)

    サンプルを立ち読み 発行日: 2014/7/10
    頁数: 12ページ+DVD
    ISBN-13: 978-4864501361
    定価: 3,000円+税


    内容紹介

    人の生活にとって水辺は、生存に不可欠な水を提供してくれるだけでなく、眺めることによって心が落ち着くものです。
    湖水の静かな水面も、波やせせらぎ、噴水など動きのある水辺もそれぞれ趣があります。
    人が住めば水は汚れますから汚れが入らないように常にきれいにしておく必要があります。
    また大雨の時災害が起きないような対策も必要です。
     本書は著者が10年以上前から水辺の写真を撮り始め、インターネットに載せるなどしてきた国内外の水辺景観を紹介するDVD本。
    DVDには以下の内容が収録されています。
    1,街の水辺 安らぎを提供してくれる水辺写真集。海外は欧州が中心
      日本編 133箇所(505ページ)海外編 138箇所(664ページ)
    2,水の紀行  ボートクルーズ、列車の旅など
    日本 10箇所 海外 7箇所 (221ページ)
      3,各地の清流 清明な流れなど
    国内 6箇所  海外 4箇所   (50ページ)
    4,水のビデオ集  噴水、ボートクルーズなど
    国内 7箇所  海外 18箇所  
    5,随筆集  過去に執筆した水辺に関する著作
    各地の水辺を訪ねる 国内 5箇所 海外 11箇所 (101ページ)
     水辺の散歩道  国内 35箇所 海外 33箇所  (68ページ)
      合計 1609ページ  ビデオ25本


    著者について

    1944年生まれ。 工学博士、技術士。
    NPO21世紀水倶楽部理事長。日本マクロエンジニアリング学会理事。
    10年以上、国内外の水辺の取材を続けている。
    著書に『下水処理と水環境』がある。
    連載中の著作
    「逆転の思想」月刊誌「水道公論」日本水道新聞社発行
    「各地の水辺を訪ねる」隔月刊誌「工業用水」(社)日本工業用水協会発行
    最近の著作 「日本橋川の再生を考える」 月刊下水道 No.6 2013年 環境新聞社。
    ほかに 下水道広報プラットフォーム 監事
    日本エッセイスト・クラブ 会員


    新刊案内一覧を見る