自費出版

詳細新刊案内
青山ライフ出版株式会社HOME > 自費出版 > 新刊案内一覧 > 公僕三十二年の歩み―桜島大正大噴火後の復興

ジャンルう>歴史

  • 公僕三十二年の歩み


  • 公僕三十二年の歩み
     ―桜島大正大噴火後の復興
    [単行本(ソフトカバー)]

    久米 芳季 (著), 津留 午朗 (編)

    サンプルを立ち読み 発行日: 2019/10/25
    頁数: 112ページ
    ISBN-13: 978-4864503440
    定価: 非売品円


    内容紹介

    編者、津留午朗氏の祖父である久米芳季が、大正三年の桜島大噴火で荒廃した村を再建した記録。   


    著者について

    久米 芳季(くめ よしすえ)
    明治十八年 西桜島村西道(現鹿児島市西道町)生まれ。 鹿児島市の博約義塾(樟南高校の前身)を卒業後、農業自営
    大正十二年 西桜島村農会長就任
    大正十四年 村会議員に当選
    昭和四年 西桜島村村長就任
    昭和二十二年 公職追放令により村長解任
    昭和二十八年 西桜島村農業協同組合長就任
    昭和三十五年 同組合長退任
    昭和四十一年 死去


    新刊案内一覧を見る