自費出版

詳細新刊案内
青山ライフ出版株式会社HOME > 自費出版 > 新刊案内一覧 > 広河村異聞 戦前・戦中茨城県教育史 ―祖父母の生き来し道より―

ジャンル>歴史

  • 広河村異聞 戦前・戦中茨城県教育史 ―祖父母の生き来し道より―
    青山ライフ出版で購入
    アマゾンで購入
    Kindleで購入
  • 広河村異聞 戦前・戦中茨城県教育史 ―祖父母の生き来し道より―
    [単行本(ソフトカバー)]

    河野みち (著)

    サンプルを立ち読み 発行日: 2015/7/25
    頁数: 226ページ
    ISBN-13: 978-4864501903
    (紙本)
    ISBN-13: 978-4864502061
    (電子版)
    定価: 1,500円+税(紙本)
    定価: 500円(税込・電子書籍)


    内容紹介

    国民学校長だった著者の祖父は敗戦の翌年に、民主教育担当者として適任ではないとして退職した。 祖母に「学校やめて百姓する」といったという。戦後の「新しい教育」をあたりまえのように受けた世代である著者は、祖父がなぜ学校をやめなければならなかったのか理解できなかった。 そもそも戦中・戦前の教育はどういうものであったのか。著者は祖父母がどういう教育を受け、時代をどのように生きてきたのかを知るために、さらに曽祖父母の生きた時代へと郷土の歴史をさかのぼる必要にせまられた。 先祖の生きた時代をたどる旅は、新鮮な驚きと発見、示唆に満ちていた。この感動をぜひ若い人たちに知らせたい。


    著者について

    河野みち(かわの・みち)
    東京都在住。


    新刊案内一覧を見る