自費出版

詳細新刊案内
青山ライフ出版株式会社HOME > 自費出版 > 新刊案内一覧 > 或る、ひと夏の物語り

ジャンル>小説

著者のその他の作品
病葉の記 病葉の記
宇津木 勉
  • 或る、ひと夏の物語り
    青山ライフ出版で購入
    アマゾンで購入

  • 或る、ひと夏の物語り
    [単行本(ソフトカバー)]

    宇津木 勉 (著)

    サンプルを立ち読み 発行日: 2019/5/30
    頁数: 72ページ
    ISBN-13: 978-4-86450-330-3
    定価: 900円+税


    内容紹介

    小学校々長あがりの、桜庭慎一郎と妻の志乃は、仙台市のとある団地で、年金で余生を送っている。
    一方、一人っ子で育てられた博は、東京の大学を卒業後、某都立高校で教鞭を執っていた。
    妻子四人で都内で暮らしているが、仙台の慎一郎が寄る年波のせいで、淋しがってる様子が電話からも届いており、気が気ではない。
    そこで、ひらめいた奇策とでも言うべき子犬のプレゼントが、いよいよ実現の運びに至ったのだ。
    長男の健人が夏休みを利用して、祖父母に届けることを買ってでたのである。
    新幹線で、ケイトと名乗る女子大生に出会った健人は、卒論の取材旅行だというケイトと意気投合し、祖父宅へ誘う。
    ケイトは、祖父宅に泊まりながら、ルポをまとめつつ、予想以上の成果を上げるとともに、様々な日本文化に触れて、帰京するのであった。(まえがきより)


    著者について

    宮城県在住。


    新刊案内一覧を見る