自費出版

詳細新刊案内
青山ライフ出版株式会社HOME > 自費出版 > 新刊案内一覧 > 生き残れる企業になるために

ジャンル>ビジネス

  • 生き残れる企業になるために
    青山ライフ出版で購入
    アマゾンで購入
  • 生き残れる企業になるために 

    九五歳の中小企業診断士が亡き妻たちに献げる


    [単行本(ソフトカバー)]

    植村 尚(著)

    サンプルを立ち読み 発行日: 2021/12/2
    頁数: 194ページ
    ISBN-13: 978-4434295737
    定価: 1540円(本体1400円+税10%)  


    内容紹介

    世の中何が卑しいと言っても、世のため人のためと言いつつ自分の欲をかくくらい卑しいことはあるまい。(臨済宗妙心寺派管長・故・山田無文老師) 私は令和三年一二月一四日に九六歳になります。お陰様で心身共に健康に恵まれて幸せな毎日を送っています。 令和三年四月五日に糟糠の妻・満利子が誤嚥性肺炎のため逝きました。(享年九一歳) 私は二人の妻・泰子・満利子に先立たれました。 中小企業診断士として今日病気で倒れれば家族は明日から路頭に迷うという経営顧問業を六三年間貫くことができました。すべて糟糠の妻たちがどんな時にも黙って支え続けてくれたお陰です。 私は無一文どころかマイナス一五〇万円が創業資金です。あなたが本当にやりたいのであれば、そしてそのことが世のため人のためになり、役立つのであれば、創業資金は必ず調達できます。勿論予想していた以上の苦労が次々と襲いかかります。 でも高齢者と言われる私がたどってきた足取りが若い人、また資金さえあれば自主独立したい人たちの参考にまた助けになるならば、と敢えて新著書刊行を決意しました。 この本では幾つかの実例を紹介します。約五〇年間は住宅業界、それも中小工務店との関わりが大半でした。多くの大企業とのお付き合いも私が工務店の建築現場を知っているからこそ。大企業が進出した住宅産業界での販売網つくりや販売先企業育成が可能だったからです。 紹介する実在企業の事例はあらゆる業種の企業にも必ず参考にして頂ける企業経営の根本事項と信じるからです。どうかご了解をお願いします。(はじめに より)


    著者について

    ◎ 1925年京都市に生まれる ◎ 同志社大学法学部卒 ◎ 在学中3年間は「在外父兄救出学生同盟」に所属して海外からの引揚者、復員者・引揚孤児、戦災孤児の支援活動に青春を捧げる ◎ 1958年・中小企業診断士登録、同年より経営顧問業に従事現在におよぶ ◎ 家電、化粧品、住宅メーカー、住宅設備メーカー、商社等の販売組織網設立とその育成支援に従事、1967年よりは住宅問題、中小工務店問題に重点をおいて企業 の経営支援を行う ◎ 国交省、経産省、農水省の各種調査委員歴任 ◎ 中小企業大学校講師(経産省) ◎ 日本商工会議所『講演会・講習会等人材名簿』に登載 ◎ (社)中小企業診断協会東京支部「建設業研究会」「住宅産業経営支援研究会」各会長歴任 ◎ 主な著書・論文 『良い住宅を安く建築するための提案』(論文)【中央公論社】 『伸びる企業おぼれる企業』(共著) 【日本実業出版社】 『住宅はこうすれば売れる』 【日本実業出版社】 『生き残る工務店・つぶれる工務店』 【井上書院】 『高齢社会とオール電化住宅』 【井上書院】 『工務店経営Q&A』(共著) 【井上書院】 『生き残る工務店の物流革命』 【井上書院】 『工務店業務の実際』 【工業調査会】 『会社を蝕むバタバタ貧乏症候群』 【双葉社】 『戦後秘話 在外父兄救出学生同盟』 【eブックランド】 『九二歳の中小企業診断士にやっと見えたホンモノへの途』 【青山ライフ出版】 『人生の極意』 【幻冬舎】 計12点

    新刊案内一覧を見る