自費出版

詳細新刊案内
青山ライフ出版株式会社HOME > 自費出版 > 新刊案内一覧 > 92歳の中小企業診断士にやっとみえた
生き残るホンモノへの途 

ジャンル>経済、経営、ビジネス

  • 昭和天皇、退位せず
    青山ライフ出版で購入
    アマゾンで購入
  • 92歳の中小企業診断士にやっとみえた
    生き残るホンモノへの途
    [単行本(ソフトカバー)]

    植村 尚 (著)

    サンプルを立ち読み 発行日:2017年11月18日
    頁数:210ページ
    ISBN-13: 978-4864502818
    定価: 1.200円+税


    内容紹介

    平成二九年八月のNHKテレビでは「現在の中学生の二五%は広島・長崎への原爆投下の日、終戦の日、を正確には知らない。学校で教えて貰っていない」と私たちにとっては衝撃的な事実を放映していました。自分に実感は無くても私たち世代は歴史上の人になっているようです。 それだけに知って頂きたいと強く思います。戦前戦中の生活、どん底から這い上がった敗戦後、高度経済成長への進展、がどう進んだのか。皆さんの親世代や祖父母世代が育った歩みを知って欲しい、九二歳になって漸くホンモノが見えるようになったと思えるからです。
    (はじめにより)
    弱い立場の人たちの良き理解者になろうと励み続けてきた著者は九二歳の現役中小企業診断士。戦前から戦後、そして平成を通して、様々な人物や会社とつきあってきた著者は、ようやく92歳にして、ホンモノとは何かが見えて来た。本書ではそのホンモノの生き方を訴える。


    著者について

    1925年京都市に生まれる。同志社大学法学部卒。在学中3年間は「在外父兄救出学生同盟」に所属。1958年・中小企業診断士登録、同年より経営顧問業に従事現在におよぶ。家電、化粧品、住宅メーカー、住宅設備メーカー、商社等の販売組織網設立とその育成支援に従事、1967年よりは住宅問題、中小工務店問題に重点をおいて企業の経営支援を行う。国交省、経産省。農水省の各種調査委員歴任。中小企業大学校講師。日本商工会議所『講演会・講習会等人材名簿』に登載。(社)中小企業診断協会東京支部「建設業研究会」「住宅産業経営支援研究会」。各会長歴任。 主な著書・論文 『良い住宅を安く建築するための提案』(論文)【中央公論社】、『伸びる企業おぼれる企業』共著)【日本実業出版社】、『住宅はこうすれば売れる』【日本実業出版社】、『生き残る工務店・つぶれる工務店』【井上書院】、『高齢社会とオール電化住宅』【井上書院】、『工務店経営Q&A』(共著)【井上書院】、『生き残る工務店の物流革命』【井上書院】、『工務店業務の実際』【工業調査会】、『会社を蝕むバタバタ貧乏症候群』【双葉社】、戦後秘話 在外父兄救出学生同盟』【eブックランド】、雑誌寄稿、論文多数


    新刊案内一覧を見る