青山ライフ出版株式会社HOME > 自費出版で広がる、新しい世界 > 魅力あふれる社史を作るには > ていねいな現場取材で社史のクオリティが向上する

● ていねいな現場取材で社史のクオリティが向上する

会社のことを知るには取材が大事

社史のみならず、雑誌や記事をつくりあげるうえでもっとも大事なことは、徹底した取材にあります。
内容を面白いものにし、記事のクオリティを向上させるためにも重要になります。
身近なことから知っていくためには、身近なものから知るようにしましょう。
現場取材はもっとも簡単に行える取材といってよいでしょう。
現在の会社ではどんな事業を行っているのかを把握するだけでも、
会社の知らない部分を垣間見ることもできます。
また、社史は会社内部だけでなく、会社の外部でも閲覧されています。
具体的には大学などで、学生が読むケースが多く、部分的に内容をかじることがあるのです。
将来の優秀な学生に興味を持ってもらうためにも、引きつけるような内容で、
わかりやすいようていねいな文章を心がける必要があります。
現場取材で得られることは就活に活かされ、会社を成長させるうえでも欠かせない存在なのです。
記事のクオリティをないがしろにしてはいけません。

クオリティを上げるために必要なこと

社史のクオリティを向上させるためには、
場合によっては外部に依頼することも考えられる選択肢の一つです。
現場取材などで得られたことを書き上げるだけでは、社史にはなりません。
装丁、デザイン、文体など、読みやすさだけではなく、見やすさにもこだわる必要があります。
会社では取材で得た内容などを編纂室で編集し、
装丁などを外部の会社に一任してしまうのも一つの手です。
外部に注文する際には、予算や納品の時期がはっきりしていることなどを条件に選ぶとよいでしょう。
現場取材や過去の資料を吟味し、それを一つの書物としてつくりあげることは大変難しいことです。
慣れない作業が多く、苦労が絶えないのが社史なのです。
記事一つにさえ、取材、資料の検索、書き起こし、編集、校正といくつもの作業が必要になるのです。
それをいくつも作成したうえで、装丁、デザイン、フォントにまで気を配らなければいけません。
いくつもの作業が必要になりますが、ていねいに行い、一つ一つクリアしていきましょう。