● 本を出版して業績を上げる方法

自費出版で本を出す テーマを持った本を自費出版したら、売上が伸びることも楽しみの一つでしょう。
そのため、本のテーマも大事な部分になってきます。
今の時代において本を出すことは、そんなに難しくはなくなってきました。
出版には、大きく3つの方法があります。
自ら手間暇かけるのが自費出版です。
それに、ビジネス出版屋、商業出版もあります。
自費出版の場合は、自分でテーマを決めて、原稿を書き出版社に持ち込みます。
お金はかかりますが、冊数として100や200といった数はすぐにできるものです。
持ち込みをした原稿が、運良く書籍ルートを持つ出版社であれば、
自分の書籍を本屋に置くことも夢ではありません。
商業出版と言われているのは、本屋に並べられている書籍などがそうです。
その書籍の著者は、本が売れると見込まれ、出版社の編集者から声をかけられて、
出版に至っています。
専門家によるテーマの本などは、売上にも期待ができるというものです。

自費出版の本の売上 自費出版で本を出して、業績を上げることが可能かどうかは、簡単には言えません。
自費での出版と、商業出版の他には、ビジネス出版もあります。
これは本を出したいと著者から出版社が依頼を受けて、
出版することで著者の売り上げを上げていく方法です。
コンサルタント会社は本の出版を目的としておらず、
出版はあくまでもツールでの活用です。
書籍を出版するための最も強いルートは、人脈です。
書籍を出版して売れている著者から、紹介してもらうのが効果的です。
本の売り上げを上げたい人にとって、最強のツールと言えるでしょう。
ベストセラーを出すような作家のお願いなら、編集者側としても断りにくいものです。
ここまでの人脈がないとしても、
出版の世界に人脈を持つ人物がいれば利用することができます。
確率としては少し下がりますが、出版社に原稿を送る方法もあります。
この時、熱い想いを手紙に書いて一緒に送りましょう。