● いくらかかる?自費出版での費用

自費出版の費用について 自費出版の費用は、利益を問わない非売品であるのか、
書店での販売を目的としているのかによって、
価格は大きく変動します。
まず、本を制作するには
製造費がかかってきます。
これは主に印刷代や製本する際の費用を意味しますが、
非売品か販売書籍か、といった目的によっても
印刷する部数は変わってくるわけです。
そのため、この製造費にも大きな違いが生まれます。

プロのスキルが集結した編集費 編集費は、サービス部分に発生する費用です。
これは編集担当による校正やデザイン、
本のイメージを具体的にするための打ち合わせなど、
プロによる的確なアドバイスなどが含まれます。
趣味で発行する本など、採算を度外視した
非売品である場合などならば、
この点にそれほど力を入れる必要性はないかもしれませんが、
販売目的となるとそうはいきません。
より多くの人に読まれる魅力的な内容に仕上げるためには、
プロのアドバイスは必要不可欠です。
このような内容が全て含まれた上で
価格が決定されているのです。

非売品と販売目的、それぞれの価格 非売品として自費出版する場合、打ち合わせや製造費、
そして部数によっても大きく変動しますが、
平均的な価格としては120万円前後です。
これに対して、書店販売を目的とした場合ですが、
こちらは出版社に営業活動を行ってもらう部分もあるため、
非売品よりもやはり価格は増します。
こちらも部数によって大きく変動は見られるものの、
平均的には80万~250万円が相場となっているようです。
上記の費用はあくまでも平均的な数字ですので、
まずはお気軽にご相談ください。