● ジャンルを問わない自費出版

自費出版のジャンル 自費出版をしてみたい、と思い立ったとき、
その先には様々な目的や思い入れがあることでしょう。
しかし、自費出版ができるジャンル、できないジャンルが
あるのかどうかについて、
気にしている人も多いのではないでしょうか。
ここでは具体的な自費出版のジャンル、
そしてその後のサポートについてご紹介します。

自費出版で本を売るということ 苦労して自費出版をするならば、
できるだけ多くの人に手にとってもらい、
読んでもらいたい。
著者としてそう願うのは当然のことです。
もちろん、自費出版であっても
一般の書店に並べて商業的に販売することは十分に可能です。
しかし、自費出版本を書店で販売する場合は、
書籍マーケットを熟知した業界のプロによる
明確な売上げ予測があることを前提として、
流通ルートに乗せることが可能になります。
これは出版業をサポートする出版社の
協力がなくては行えないことで、
自費出版の場合は特に、ジャンルに関わらず
業界に精通したプロのフォローアップが
得られるかどうかということが重要になるのです。
つまり、目的とジャンルをはっきりさせれば、
順調に出版計画を進めていくことができます。

自費出版本を趣味として作りたい 趣味として小説を書いていたけれど、
この機会に本としてまとめてみたい、
というご希望にも対応できるのが、自費出版の魅力です。
これまでの人生を振り返って自分史を書くのもいいですし、
記念日にサプライズとしてプレゼントするのもいいでしょう。
このように、ジャンルを問わず様々なご希望に合わせた
本づくりができることが、自費出版の最大のメリットであり、
誰もが気軽に出版の魅力に触れることができるのです。
ジャンルの制限が気になって、
自費出版は難しそうに感じていても、
心配は要りません。
まずはお気軽にご相談ください。