● コラム

本を自費で出版するのはリスクが大きい、というイメージを持っている方は多いようです。そんな自費出版ですが、リスクをとった分大きな成功を得た超有名作家たちを紹介します。

・・・つづきはこちら

過去にベストセラーになった本「B型自分の説明書」。実は自費出版が最初でした。自費出版からここまで大ヒットとなることは稀有なことですが、誰にでも可能性はゼロではありません。

・・・つづきはこちら

今、アメリカで自費出版がじわじわ人気になってきています。米国最大のシェアを誇るアマゾン社の電子書籍売上げは伸び続けており、中でも自費出版作品が増えているようです。

・・・つづきはこちら

自分史を出版することは人生の棚卸しが必要となりますが、そのお蔭で人生の目標が明確になったり、生きる活力が得られたりと、人生を変えるような素敵な出来事がたくさんあります。

・・・つづきはこちら

小説家の定義は商業出版を果たした人、と言われています。しかし、自費出版でも当たればペン一本で生活することも可能です。夢を叶えるチャンスを利用しない手はありません。

・・・つづきはこちら

カメラが低価格化したことで、カメラを趣味にする人が増えました。芸術性を追求し撮りためた写真は、写真集にして自費出版する人も多く、カメラの楽しみは広がっています。

・・・つづきはこちら

自費出版の魅力は、自分好みにつくり上げることができることですが、すべて自己責任です。トラブルが起きないように、事前にしっかりと契約内容を確認するなど注意が必要です。

・・・つづきはこちら

自費出版で、自分でこつこつ作った作品を公開できます。立派な装丁の本にまとめると、本自体も素晴らしい作品となります。流通にのせれば更に多くの人に素晴らしさを披露できるでしょう。

・・・つづきはこちら

旅行記を自費出版することも容易にできる時代になりました。特別な思い出が残っている旅行について自ら記して、それを自費出版する形で書籍化をすることもおすすめですね。

・・・つづきはこちら

自費出版といえば難しく考えてしまいがちですが、自分にとって身近な存在でもある郷土史について執筆することもおすすめです。地元愛を発揮するにも郷土史は最適な方法です。

・・・つづきはこちら

誰もが楽しむことができる感性豊かな創作絵本を自費出版したいと考える方は少なくありませんが、装丁や文字量などによって費用や期間が変わってくるため注意しなくてはなりません。

・・・つづきはこちら

自費出版によって書籍化する人は増えてきましたが、大切なペットとの交流の思い出を残すために写真集などを作るケースも多いです。家族の一員でもあるペットの記憶を記録したいです。

・・・つづきはこちら

自費出版は様々な内容のものがあり、中には子どもの成長記録を記したものもあります。写真をたくさん使うことでより鮮明な成長記録が出来ますしオリジナリティ溢れる最高の自費出版が叶います。

・・・つづきはこちら

自費出版で俳句のオリジナル句集を出せば、家族や知人をはじめ多くの人に見てもらうことが出来ます。長年続けて良い作品があるのであれば趣味の範囲で終わらせるのはもったいないです。

・・・つづきはこちら

大切な人が亡くなると、寂しい気持ちになります。遺稿集を自費出版で作ることにより、思い出すことができます。青山ライフ出版のプライベートプランは必要な部数を印刷することができます。

・・・つづきはこちら

自費出版にはメリットがあります。書き留めたポエムを自費出版してみてはいかがでしょうか。自費出版は、自分で責任を取らなければなりませんが、妥協せずに作品をつくることができます。

・・・つづきはこちら