暗号通貨 ネット上に完全な台帳があったなら

お金に関する技術が大きく変化している。
何がどうなのか?
技術の詳細はわからないにしても、自分なりに、どのように理解したらよいのかを知りたい。
そこで、自分なりの理解をまとめてみる。

お金というのは、これまで便宜的に紙幣やコインを使ってきたけれども、
結局は数字のやりとりである。

数字のやりとりが間違いなく、誰もが使える信用できる記録(台帳)があればよいのだ。

ということで、昨今はスイカとか、WAONとか、さまざまな電子マネーが普及し、使用されている。
これらの電子マネーは、大手企業、銀行などの信用によって裏付けられている。
つまり信用できる記録(台帳)を管理する人がいて使用できているのだから、技術的に目新しいものではない。

ビットコインに代表される暗号通貨(資産)と言われるものは、管理者がいなくても技術で信用あるお金のやりとりを実現させようとするものであり、これらの電子マネーとは次元の違うものである。

その技術とはいかなるものか。

数字のやりとりが間違いなく、誰もが使える信用できる記録(台帳)を、イメージするためにエクセルシートがネット空間にあると想像する。

そのエクセルシートには、われわれ一人ひとりが、いつ誰にいくらか支払ったか、入金されたか、残高はいくらか、すべてもれなく記録してあるのだ。

もしも、世界人口77億5000万人全員が絶対にごまかしをしないのであれば、
その巨大エクセルシート1つあれば、すべて事足りる。

そこには、全人類の固有番号が割り当ててあり、すべてのお金のやりとりが、瞬時に記録されるので、決済は自動的に一瞬にして終わる、と夢想する。

しかし、誰もがアクセスできる台帳でありながら、絶対に不正がされない、はありえない。
そこで考え出されたのが暗号。
暗号によって、簡単に書き換え、複製などをできなくし、特定の取引で、特定の相手にだけ、特定の書き換えが許されるような仕組みが考え出された。
それが暗号通貨で、その仕組みはブロックチェーンと呼ばれる台帳。

なぜ、こう呼ばれるかというと、新たな取引記録のブロックが、チェーンのように
次々と数珠つなぎになっていくからだという。

イメージとしては、エクセルシートに新たな行が次々と追加され、ファイルが更新されていくような感じである。
それはいかなるものか?
よくわからないが、考え方としては、こういうこと。

唯一の正しい台帳があって、それと照合して合わない数字のやりとり、取引は受け付けない仕組みがあれば、不正が排除できるから通貨として通用する。

ネット上にあるエクセルシートを想像してみればわかるが、これを実現するには
強力な暗号の仕組みが不可欠であろう。

その暗号とは、どんなものなのか?
それはまた後日……。

 

カテゴリー: 日記   作成者: admin パーマリンク

admin の紹介

青山ライフ出版 代表取締役。青山ライフ出版は東京都港区にある出版社。自費出版、社史制作などに力を入れている。実用書、エッセイ、小説、詩集、絵本、写真集など幅広い出版物を発刊している。