PYRAMID SONG アンコール遺跡をゆく 上田達写真集

山梨県中央自動車道・笹子トンネル天井板崩落事故で
9名の命が奪われた悲しい事故があったのは
2012年12月2日のことだった。

それから4年、2016年12月2日、
ご遺族の今を伝えるさまざまなニュースのなかで、
『PYRAMID SONG: アンコール遺跡をゆく 上田達写真集』
(青山ライフ出版)が、1202、NHK朝のニュースで紹介されました。
ご覧になられた方も多いと思います。

上田達(故人 享年27歳)さんは笹子トンネル事故の犠牲者で、
この写真集は、ご両親が達さんのコンピューターを立ち上げた際に
発見したアンコール遺跡の写真をまとめたものです。

とても美しい写真集で、
その解説文は以下のようなものです。
2012年8月21日、僕はやっと取れた会社の夏休みを利用して、アンコール遺跡を訪れるために、炎天下のカンボジアへ出発した。写真をたくさん撮ってきたかった。とくに、最近ようやく人が入れるようになり、徐々にその全貌を現わしつつあるベンメリア Beng Mealeaというところへ行って。
その年の12月2日、山梨県中央自動車道・笹子トンネルの崩落事故で、僕は他界する。当時、東神田のシェアハウスに住んでいた4人の仲間たちとドライブに出かけた帰りのことだ。いつも首から提げていた愛用の一眼レフと一緒に、僕はそのまま、カンボジアよりもう少し遠いところに旅立ったんだ。
あれから3年、趣味で撮りためた大量の写真データが収まる僕のアップルコンピュータの画面を、両親がようやく立ち上げてみてくれた。水上の家々や樹木、動物、奇妙な形の建造物、いまも鬱蒼とした密林の奥に打ち捨てられたままの Beng Mealeaの圧倒的な光景を!
いま、僕には大好きなREDIOHEADのPYRAMID SONGが聴こえる。無類に美しいメロディと、息を呑む言葉が、耳に飛び込んでくる。暗いトンネルへ消えた僕たちの、愛する家族や友達のところへ帰れなかった僕たちの叫びのようだ。どうか少しだけ、耳を傾けてください。そして、あの夏の日、僕が見た同じ風景のページを、少しだけ捲ってみてください。

http://aoyamalife.co.jp/review/PS.html

カテゴリー: 本の紹介   作成者: admin パーマリンク

admin の紹介

青山ライフ出版 代表取締役。青山ライフ出版は東京都港区にある出版社。自費出版、社史制作などに力を入れている。実用書、エッセイ、小説、詩集、絵本、写真集など幅広い出版物を発刊している。