第19回日本自費出版文化賞受賞作が決定

第19回日本自費出版文化賞の最終結果が決まりました。
部門賞7点、特別賞6点(協賛各社賞など)が選出されましたが、大賞は該当作品がありませんでした。
これは2003年度第6回以来のことでした。

詳細は http://www.jsjapan.net/jssyonews19.htm をご覧ください。
部門賞7点、特別賞6点は以下です。

■部門賞 (部門、書名、著者、著者住所、発行者の順)

(地域文化) 近江絹糸「人権争議」はなぜ起きたか、近江絹糸「人権争議」の真実|朝倉克己|(滋賀県彦根市)|サンライズ出版

(個人誌) カミさんと走った500日世界自転車の旅|宮田固|(東京都八王子市)|株式会社めでぃあ森

(小説) 棚の上のボストンバッグ|瀬戸みゆう|(山口県大島郡)|㈱編集工房ノア

(エッセー) 鎌倉染色彩時記|たなか牧子|(神奈川県鎌倉市)|オフィスエム

(詩歌) 益岡茱萸句集「汽水」|益岡茱萸|(東京都世田谷区)|ふらんす堂

(研究・評論) 食と農の原点を問う|門松経久|(鹿児島県鹿児島市)|畑の郷 水土利館
(グラフィック) 健太郎の遊び心-オレ・俺・おれのモノクロ写真集-|妹尾健太郎|(岡山県総社市)|妹尾 健太郎
■特別賞 (部門、書名、著者、著者住所、発行者の順)

(地域文化) 鳴門塩田絵巻|原画・文緒方常雄、解説小橋靖|(徳島県鳴門市)|グランド印刷株式会社

(小説) 霧に隠れた里 御嵩のキリシタン|渡辺正司|(岐阜県可児郡御嵩町)|

(詩歌) 詩集 くちびるのかたち|いちのせまりえ|(広島県東広島市)|㈱編集工房ノア

(研究評論) 戦後アメリカの対日政策と日本の技術再興-|奥田謙造|(愛知県豊田市)|(株)大学教育出版

(研究評論) 日本の都市を焼き尽くせ!|工藤洋三|(山口県周南市)|

(グラフィック)愛蘭土ほろ酔いパブ紀行|村上かつみ|(宮城県仙台市)|村上 克己

引き続き、第20回日本自費出版文化賞の募集が、
2016年11月から始まり、2017年3月末まで受け付けることになります。
それまでに本をつくって応募にチャレンジしてはどうでしょうか?