作家デビューの裏技?

2015年6月に発刊された
『君の膵臓をたべたい』(住野よる著 双葉社)
が今年の本屋大賞にノミネートされ、45万部も売れているという。

このタイトルにはギョッとさせられるが、
実はそれが本書でデビューした作者の戦略だった。

ライトノベルの賞で選考委員の目に留まらせるために、
あえて気持ち悪い題名にしたという。

内容は青春小説なのだが、ありきたりのタイトルをつけていたら、無名の新人ではスルーされてしまう可能性もあるし、デビューしたとしても、ここまでの結果はなかったろう。

もちろん実力がなければ話にならないが、
デビュー作をベストセラーにまでしてしまう作家は、
したたかさにおいても並ではないのだろう。

タイトルの力は大きい。
「えっ、どんな話なの?」と読まずにはいられない。

それで期待を裏切らない内容であれば、
戦略が見事当たったということなる。

ここにデビュー戦略、ヒット戦略のヒントが
つまっているような気がする。