大戸屋、三森久実会長のこと

大戸屋の三森久実会長が、この7月27日に亡くなった。訃報を知ったとき、まさかと信じられなかった。まだ57歳だというのに。

とても悲しく、寂しい気持ちになった。

三森会長に初めて会ったのは1997年頃だと思う。

経営誌の記者として、西武線田無駅の近くにあった会社に取材に行ったのが最初だ。

今でこそ400店舗もある大戸屋だが、当時はほとんど知られていなかった。

狭い定食屋の片隅のようなところで、三森社長(当時)は、子供のいなかった叔父の養子になったこと。その叔父が池袋で人気の定食屋を営んでいたこと。高校時代は野球に打ち込み、プロ野球選手になりたかったが諦め、卒業後、著名レストランで働いたが、非常に尊敬していた叔父が間もなく亡くなってしまい、21歳で店を継ぐことになったことなどを訥々と話してくれた。

池袋の繁盛店で得た利益で、2店目、3店目と増やしていった。20代の早い段階で大金を手にした。若気のいたりで大きな失敗もした。そうした経験を経て、家庭の味を提供する定食屋というぶれない軸を持った。

家庭で健康によい料理がつくれない時代になったからこそ、そんな定食屋として上場したいとのことだった。

「うちのお店に入って、1人のお客さんが値段や味に満足して、少しでも幸せな気分になれたら、その分だけ世の中がよくなる。だからやるんだ」と、志を語ってくれた。

取材を終えるとさっそく、「上場を目指している定食屋がある!」という記事を書いた。

大戸屋が今、こんなにも増え、多くのファンを得ているのは、根柢にこの志があるからだと思う。

 

カテゴリー: 日記   作成者: admin パーマリンク

admin の紹介

青山ライフ出版 代表取締役。青山ライフ出版は東京都港区にある出版社。自費出版、社史制作などに力を入れている。実用書、エッセイ、小説、詩集、絵本、写真集など幅広い出版物を発刊している。