歴史もニュースも人がつくる

こういうことは言えば、当たり前のことですが、
案外意識されていないようです。

たとえばニュースは、もともとその辺にあるものではありません。
どこかの誰かが、これはニュースだといって、
どこかの媒体に書くと、それがニュースとなるのです。

書く人がいないと、それはニュースになりません。
同じような事象であっても、
書く人のがいるかどうかのタイミング、
人に書こうと思わせる情熱、
人の動機、思惑等々があってニュースになったりならなかったりします。

これはひとつのからくりのように思えます。

たとえば駅のホームから人が落ちたのを、近くにいた人が助けた
という、ありがちなことでも、書く人がいなければ
ニュースにはなりませんが、たまたまそこに書く人がいて、
美談となるような記事にすればニュースになります。

そして歴史とは、
50年、100年経っても忘れられないようなニュースが
積み重なって「歴史」として認識されるものですから、
これも誰かが書いたものなのです。

歴史が存在しているのではなく、
誰かが書いた記録が存在しているのです。

中国の歴史では、司馬遷
古代ギリシアの歴史ではヘロドトスが大きな役割を果たしました。

われわれが歴史を知りたいと思った時、
彼らが見聞きし、書き残したものに全面的に頼らざるを得ません。

歴史家によって検証されるにせよ、限界があります。

ということは、
歴史をつくったのは、書いた人だ、とも言えるのです。

一般的にものを書く人は、脇役のイメージがあります。
主役がパフォーマンスをして、それを記録する脇役です。

けれどもパフォーマンスはそのとき限りですが、
書いたものは長く残り、より多くの人に伝え、
影響力をおよぼすことができます。

そのためものを書く人は非常に尊敬、畏敬されます。
何をどのように書くか、微妙なニュアンスなどは
書き手の意のままなのですから。

芥川賞・直木賞の発表が毎回、大きなニュースになる
背景には、こういう事実もあるような気がします。

ペンは強し、です。

だからこそ見識が問われます。

カテゴリー: 日記   作成者: admin パーマリンク

admin の紹介

青山ライフ出版 代表取締役。青山ライフ出版は東京都港区にある出版社。自費出版、社史制作などに力を入れている。実用書、エッセイ、小説、詩集、絵本、写真集など幅広い出版物を発刊している。

コメントを残す