これも仁和寺(にんなじ)の法師

徒然草には滑稽な話が多く、前回、
「仁和寺にある法師」の話を紹介しましたが、
表題のような話がもう一つあるのです。

それはこういう話です。

童(少年)法師たちが宴会をしていた。
ある法師が酔って興に乗って、足鼎(あしがなえ)という、
三本の足がついた金属製の器を頭からかぶって踊り出した。

やんやの喝采を浴びたところまではよかったが、抜けなくなってしまった。

耳や鼻を押し込んで無理矢理かぶった器なので、
逆に引き抜こうとすると、引っかかって抜けない。

割ろうとして打つとものすごい音がして、耐えがたく、割るにも割れない。

耳や鼻が腫れてきたようで血が首まで滴り落ちてくるし、息も苦しそうだ。

みんなすっかり酔いも冷めてしまった。

「どうしよう。医者のところに行こう」となり、
京の町を人々の好奇の目にさらされながら、
このかわいそうな法師を連れて行った。

ところが医者には
「こんな治療法は聞いたことがない。文献にもない」
と言われてしまい、また仁和寺に帰ってきた。

年老いた母親は泣き悲しむが、どうしようもなく、
時間だけが過ぎていく。

そんなとき、ある者が言った。
「もう、こうなったら、耳や鼻が切れてもしょうがない。
命まで取られるよりはましだろう。力任せに引っ張り抜くことにしよう」

そうして、みんなで首もちぎれるばかりに力任せに引いたところ、耳、鼻とともに器は抜けた。
法師は一命をとりとめたが、しばらく病に伏した。

かわいそうな話ですが、滑稽ですね。
若者にありがちな失敗ですが、感情の波がピークになったときに、
勢いに任せてやってしまうと、とんでもないことになるんですね。

カテゴリー: 日記   作成者: admin パーマリンク

admin の紹介

青山ライフ出版 代表取締役。青山ライフ出版は東京都港区にある出版社。自費出版、社史制作などに力を入れている。実用書、エッセイ、小説、詩集、絵本、写真集など幅広い出版物を発刊している。

コメントを残す